何気なく、考える。

<   2009年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧




10月30日(金)


↑(金)とうとうとして、『きん』の字が『勤』に変換されるあたりが、なんだか切ない…。






さて、明日がきて、明日が終わったら、

今年も残すところあと2ヶ月!

あっという間の一年やなー。

細木数子によると今年はめちゃくちゃ良い年、12年に1回の素晴らしい年らしいけど、

別にこれといってすんばらしいことが起きるわけではないなーと思い、

でも、自分が何者かということを考えるようになって、

自分の人生の使命とかそういう類のことに真剣に向き合おうと思えるようになった1年だなと。

そして、それに向けた出会いとその人たちとの深まりが、

すごく大切な1年だなー今年。

ということは、あながち間違ってないのか12年に1回の良い年というのは!!
[PR]



by okan4022 | 2009-10-31 06:12 | 日記

10月26日(月)


めちゃくちゃひさしりに演劇鑑賞。

しかも、唐ゼミ…。

しかも、3時間…。

友達に誘ってもらったので、せっかくだしと思って、

雨の中、花やしき裏の特設テントまで向かった。

数年前、

唐組を赤テント@花園神社に行った際、

その雰囲気に圧倒されすぎて、途中でテントを出てしまったなーということを思い出しつつ。

足取りは少し重かった。


『下谷万年町物語』

多重構造をもっているようにみせながら、実は文ちゃんという一人の少年の過去と今を描く物語。

さすがの唐作品という感じで、

軽快な言い回しと独特の語り口調は、

現代演劇とは違う空間を生み出し、

内容云々というよりは、

今という状況の流れの変化変化変化を楽しむ作品だった。

最初は役者が力みすぎかなと思ったが、

多分最初からあれぐらい力を入れていかないと、後半もたないだろうと思うと、

あの力みもうなずける。

そして、ラストは唐さんらしく実に、げ・き・て・き!!

なかなか満足度の高い作品だった。

あと、舞台技術もなかなか基本どおりで、基礎感漂う感じが好きでした。

音響の上げ下げなんかは正にそれって感じでした。





このお芝居に一緒にいった友達は、

もう4・5年ぶりの再会。

たぶんコレを機に、しばらくまた頻繁に会っていったほうがいい気がしている。

またゆっくりご飯を食べたいもんだなー。


















最近、化粧っ気がなくなりました。

下地→眉毛を描く→チーク→リップクリーム

これが普通会社バージョン。

調子がよければマスカラ→ビューラー

休日はほぼノーメイク。

こんな生活をしていたら、肌がめちゃめちゃきれいになってきました。

何もしなくてもいいなら、何もしない。

あるがまんまでいられるように。
[PR]



by okan4022 | 2009-10-29 09:28 | 日記

10月23日(金)


A studioに田辺誠一がでてるー。

超似合わない帽子被って!

そして、トーク番組にでると、この方必ず不思議ちゃんと化すのよねー。

そこがたまらんく好きなんだけど。




10月21日(水)

この日は、今月おもてなし第二回目。

メニューは、

・塩肉じゃが
・煮豚
・かぼちゃサラダ
・きんぴらごぼう 山椒風味
・小松菜のポタージュ
・あずきと白玉の甘味

みなさん満足していただけたみたいでよかったよかった。

今回初めてあずきを煮たんですが、

圧力鍋さんがあれば、とーっても楽ちん!

またやるべよー。

黒豆とかじっくり煮たいよー。

それこそ素敵生活、理想生活。

季節は、自然の中から、食の中から、生活の中から。

時計やカレンダーからだけで、季節を把握することはやめたい。




10月22日(木)

仕事のメンバーといっしょにディズニーランドに行ってきました。

朝8:30から張り切って!!

でも、入園してすぐにお茶したいとかそんな感じだったので、

かなりのんびりまったりのディズニー。

しかしー!!!!!!!!!!!!

恐怖は突然やってくるのです。

そう、、、、、、アリスのティーカップ。

こいつは兵。

マジで、首がもげそうになり、三半規管がいかれちゃいました、、、30分以上。

はっははっは。

なんか、もうディズニーとかではしゃげない、長時間並べない、

もう2年くらいディズニー行かなくてもいいかなって思っちゃう。

若くないのね、私も。











今日は、ようやくみうらじゅんの本を読み終えました。

かなり軽いノリの本ですが、

時々いいこと言ってたりして、

でもあの風貌でいいこと言われても、ねーって感じで、

でもやっぱりいい言葉だったりするので、

ふっとしたときに蘇えってきて。

そんな本でした。


あとは、野菜の本ももう少しで読み終えます。

若干生物学っぽい本で、めちゃおもしろい!

遺伝子とか種族のはなしとか、生物化学とかそんなんが絡んでると、

相当ひきつけられます。

理科大好きなんですなーこれが!

理科の実験とかやりたいー、でんじろう先生に会いたいー。














今日考えたこと。

好きと得意は似ているようで全然違う。

素直をどこかに忘れてきた気がする。
[PR]



by okan4022 | 2009-10-23 23:33 | 日記

10月19日(月)


帰りの電車にて、

塾帰りの小学生と思われる少年の会話が聞こえる。

「テスト何点?」

「〇点、〇〇クンは◎点だったらしいよー。」

「俺、◇点。〇〇には負けたくないんだよー。」

「でも順位がやばいよ。」

「いいじゃん、それなら!」




小学生の自分を思い出す。

テストの点数とかめちゃめちゃ気にしてて、

負けん気満載だったなー。

きっと彼らもそうなんだろうけど、

彼らの後ろにはお受験がまっているんだろう。

小学生の自分の後ろには、意地しかなかったなー。

彼らは公園で駆け回ったりしてんだろうか。

でもそういうことしたそうな雰囲気はあったんだよなー。

無邪気さと理性が闘っているような、、、、そういう感じ。

大きなお世話だけど、

公園とかで友達と日が暮れるまで遊び倒せ!って言いたくなった。
[PR]



by okan4022 | 2009-10-20 06:03 | 日記

10月17日(土)


は、おもてなしの1日でしたー。


昼ごはんに作ったもの。

・ビーフストロガノフ(バターライス付)
・具沢山トマトスープ
・さつまいもサラダ
・切り干し大根の煮物
・小松菜の胡麻和え

夜ごはんに作ったもの。

・↑のトマトスープを利用して、トマトスープパスタ
・カルボナーラ
・豆豆サラダ
・トマトとモッツァレラのカプレーゼ



計8人分作りましたー。

ぷはー、さすがにちょっとがんばったなと思いました。

でも、やっぱりご飯を作るのは楽しい。

凝った料理はできませんが、

家庭料理、母の味はやっぱりやめられない!

誰かが我が家に来てくれて、

自分が作ったものを食べてくれるというのは、

すごく私の体にはよいことだなーと思うのです。

朝早起きできるし、

ちゃんとしたもの食べれるし、

食事に会話があるし、

片付けもちゃちゃっとできる。

(家事の中で、洗いものが最も苦手なので、友達がいるとさっと済まさなきゃという気になるためとてもよい)



21日も人が訪ねてきてくれる予定ー。

明日は仕込み仕込み!

初あずきにもチャレンジ予定。




++++++++++++++++


夜来た友達がお花を持ってきてくれました!

実は、お花とか持ってきてくれたらうれしいなーなんて思っていたので、

ビックリしました、そして嬉す。

ありがとう!ありがとう!ありがとう!

ハロウィン仕立てになっていて、とてもキュート。


お花ってなかなかもらえる機会が少ないので、もらうとかなりうれしいもののひとつです。

いやー、長持ちしてくれるといいなー。

水切りしたし大丈夫だと思うんだけど。


お願い!

長生きして!!
[PR]



by okan4022 | 2009-10-19 23:41 | 日記

10月16日(金)


丸井北千住店にもうちの店舗があります。

今日は、

ちょっと資材を借りにお邪魔したところ、

なんと!なんと!!

刀根柿が!!







1個38円!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!







うちの店では4個で780円。

いやー、なにそれって感じで、思わず1つ買っちゃいました。

40円だして、2円のおつり。

八百一商品部恐るべし。
[PR]



by okan4022 | 2009-10-16 23:57 | 日記

10月15日(木)



きんもくせいのにおいが、鼻をかすめる。


なんで、


この香りは、


こんなにも郷愁をさそうのだろう。
[PR]



by okan4022 | 2009-10-16 00:50 | 日記

10月14日(水)


ピカッ!!

ごろごろごろろろろろろろろろろろろ!!!



と、まぁ、急に空が騒がしくなりました。

これでまた、寒さも一段と増すのでしょうか。




最近メキメキ食欲が湧いてきました。

ちょっと恐ろしいくらい…

でも、食べ物を欲したり、それをおいしいと思えたりすることって、

なんて幸せ。。。

この間までは噛むことが辛かったから、

おいしいとかそういう感情がうまれなかった。

おいしいけど、素っ気無い、、、、そんな風に感じてました。

自分で作ったもの、

作った人の顔が見えるもの、

そういうものはおいしいと素直に思える。

ありがとう、食欲。
[PR]



by okan4022 | 2009-10-14 21:51 | 日記

10月11日(日)


実家より、戻って参りました。

たくさんのおかずとともに!


9日

今回は、まず新しい命に会ってきました。

ずーっと見てても飽きないその子をジーッと見ていると、

命がただそこにあることの素晴らしさ、

そしてそれを包む愛をおしげもなく注ぐ母の姿。

心が温かくならないはずがない。

ほんとにほんとにすごいよ。

この出会いに感謝。

ありがとう泉さん、ありがとう園乃さん。



10日

心臓の弁の手術を乗り越えた伯母のお見舞いに。

なんでも、心臓の弁が既に石灰化していたようで、大変な手術だった模様。

9日まではいろんな管がつながったままだったみたいなんですが、

この日は、おしゃべりも饒舌で、

とっても元気そうでした。

でも、今思えば心臓の弁が原因で体の変調が多々あったみたいで、

本当に今手術ができて、成功してよかった。

きっと長生きするよーとみんなに言われてました。

新しい人生の一歩を見せてくれた伯母に感謝。



その後、

最近長崎から袋井に引っ越してきた伯父伯母のところへ、20分ほどの散歩をしながら向かう。

散歩がすごく気持ちを落ち着けてくれて、

風邪のにおいが気持ちよかった。

東京にいると自然のにおいを感じる時間がなくなって、

季節を忘れてしまいそうになる。

でも、そんなのは悲しすぎるので、季節を五感で感じる時間をつくりたい。

そして、伯父伯母の新居ではひたすらしゃべる。

伯父は36年のサラリーマン生活をやりとげ、今年の9月に退職した。

激動のサラリーマン時代、きっと壮絶なものがあったのだろうと思うけど、

それを本人はさらっと語ってしまったりして、

すごいなーとただただ感心。

そして、それを支え続けた伯母もすごい。

見てて辛い時期もあったというけど、

毎日お弁当をつくって送り出していたというから、

それもまた忍耐と愛がないとできないことだなと。

伯父伯母の素晴らしい関係のそばにいさせてもらえることに感謝。



そして、

続いて祖母のところへ。

祖母もまた先日まで入院していたので、心配だったのだけど、

そんな様子もなく、笑顔で迎えてくれた祖母。

その日の昼間は、着物をシャンと来て出かけたというから、ほんとに安心。

いつも優しい言葉をくれる祖母。

もう80歳をゆうに超えている祖母。

戦争も経験してるし、不安定な社会の動きもみてきた祖母。

4人の子どもを育て上げた祖母。

今優しいその顔でいるために、どれだけの険しい道をあるいてきたのだろう。

ねぇおばあちゃん、

今わたしに笑いかけてくれてありがとう。





10日夜

母とゆっくり話す。

お互いの結びつきがあまりにも強いものだから、

わたしたちは本当に離れられないと思ってた。

でも、母にも母の人生がある。

もちろん私にも。

だから、それぞれの道をしっかりと歩むこと、

それが幸せに繋がるはず、お互いの。

そんな話をした。

乳を吸うことから離れ、乳を吸わせることから離れる。

静かだけど、

とても大きな決断をした夜。


お母さん、

私の魂を生んでくれてありがとう。

私の血と肉をはぐくんでくれてありがとう。

























あとは、お墓参りを。

ご先祖様、

わたしという人間をこの世に生んでくれてありがとうございます。
[PR]



by okan4022 | 2009-10-11 23:35 | 日記

10月8日(木)



明日から、3日間実家に帰ります。

いつもの帰省ですが、

気づきと学びの3日間になりそうです。
[PR]



by okan4022 | 2009-10-08 22:12 | 日記

考えたことを言葉にしなくては。
by okan4022
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧