「ほっ」と。キャンペーン

何気なく、考える。

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧




サイキンノコトコト



行ってきました、研修旅行。

ちょっと、ぽろぽろミスが出てきました。

いろんな方に迷惑をかけ、反省しております。



連絡の確認、重要。



楽しかったといってくれた方々、ありがとうございました。

救いです、その言葉。




みなさま、ほんっとにご参加いただきまして、ありがとうございました!!


===========

ヒサビサの再会。

素敵な方々の素敵な話。


刺激されます。


たとえ、小田急線の駅の話であろうと、ヤッターマンの話であろうと、村上ショージの話だろうと。



覚えたての手話で話してみる。

つ、つ、通じた!!

というか、わかろうとしてくれたのかも。

でも、やっぱり手話って興味深い。

表情が欠かせないから、表現が豊かなきがしてしまう。



みんなで手話を覚えたいわ。



==========



生きたお金をいただく。


心をつくしたいと思っていたからの、突然のお礼。


生きている、生きている、生きたお金だ。




これからも生き続けるように、使わなければ!



===========


ときどき格言めいとことを言っていることに気づく。



何様か。





いつも私が言ったことに泣いてる方々、ごめんなさい。
[PR]



by okan4022 | 2007-09-30 22:13 | なんやらかんやら

サイキンノコト


総裁選とか、

もうわかりきってる結果なのに、やる意味あるのか??

麻生コール、なんじゃそれ!!



==============


焦りをエネルギーに転換する。


==============


ヒサビサの友人。

相変わらず、かわいい子ときれいな子。

それぞれの道を進んでいることに、安心。


もっとポジティブに生きることを勧めてみる。

嫌なことを言う人は、言ってくれたと思えばムカつかない。


===============


明日からは、わたしが学生最後と思っているイベントです。

いろいろ心配だけど、

過保護にならないように。





手をかけず、目をかけよ。
[PR]



by okan4022 | 2007-09-24 09:47 | 戯言

カミガカリ


きみは、かみがかったものをみたことがあるか。

わたしはある。

つい、このあいだみてしまった。




雨、風のひとつひとつと共生する踊り。




『場』 『空間』はどこまでもつづいていく、

限られた四角は私の視野にそれしか入らなかっただけ。

本当は、限りないもの。



そして、厚い手と深い声に、心が震える。

こんな踊り手と離せることは、二度とあるまい、とすら思える。



時間的に繋がったひとつの作品は、

頭の中で数秒のシーンへと区切られ、

区別され、記憶されるものとそうでないものがうまれる。

しかし、それが作品を見る、自分の中に落とし込むことなのかもしれない。

事実ではない、自分の中の記憶の繋がり。

それを味わうことが、わたしにはまだできない。





===============



午前五時。

どうにか、仕事は終えた。

あとは、もう少しのラストスパート。

慎重に、かつ迅速に。



あぐらで足がつろうとも。
[PR]



by okan4022 | 2007-09-21 05:31 | 素敵なもの

イマオキタコト ソノゴ





生還、携帯。


が取られた、5250円。




ちっ。








==============



就職さきの体験研修に行ってきました。


それも、日本橋高島屋へ。

ええ、それはもうセレブな場所へ。





でも、最高に楽しい3日間でした。

社員さんはいい人ばかりだし、

お客様はちょっと自分のまわりには存在しない人ばかりで人間観察にはもってこいだし、

(たぶん、こういうことしててはダメなんだけど)、

野菜も果物も超一流の子達でキラキラだし。



とにかく、日を追うごとに楽しさが倍増していった。



で、小松菜だしてたら、よくわかんないけど、感極まって泣きそうになりました。





こんな素敵な会社に出会えて、就職できるなんて、

私は幸せです。







だから、なんとしてでも卒論かかなきゃ。

卒業しなきゃと思います。


はは。



が、がんばります。
[PR]



by okan4022 | 2007-09-15 01:09 | …。

イマオキタコト






仏、携帯。

壊、携帯。





泣、わたし。
[PR]



by okan4022 | 2007-09-09 23:56 | …。

サイキンノコトトカ


9月になって、1週間がすぎさろうとしている。

やばいね、いろいろ。

でも、やるしかないのね。そう、やるしかない。


==========


in大阪

初ガムラン。

もっと、スタンダードなものを最初にみるべき、というかガムランについて知らないことが多すぎ。



最初は、いろいろと残念な感想が湧き上がったけど、
出演者の野村さんのブログを読んだら、妙に納得するところがあった。



つまり、わたしたちはある固定概念からぬけだせない。

演出されたもの。

起承転結があるもの。

振付されたもの。


バランスがとれていないものを受け入れる力が弱まっている気がする。


==========


無事、母が退院した。

でも、薬の副作用で肝臓がやられてしまった。

薬が合わなかったんだと。

それって、医療ミスにならんのか!!


再び気落ちする母。


かける言葉は、「もう少し休めって、神さんが言ってるんだよ」



==========


ヒサビサに会う先輩。

見た目は元気そうだけど、また痩せたらしい。

どこに、痩せる部分があるのというのだ、あの身体に。



実は、もっと話したいことがあったりする。

でも、今は話すなということかな。

もう少し、まっすぐみつめるべきか。



==========


盲の人と美術展をみる「MAR」に参加。

@横浜美術館-----森村泰昌「美の教室、静聴せよ」展



美術を見るということを考える。

「みる」とは一体何なのか。



見えない人は、私たちの説明によって、頭の中に作品を描く。


森村の思考(森村なので、その前にダヴィンチとかゴッホとかの思考もはいるか…)

説明する私たちの思考

説明を聞いた見えない人の思考


いろんな段階を経て、新たな作品が頭の中にできあがる。

見えない人も、見える人も。



このことを、見えない人に教わる。

そうだなと実感。

わかっていたはず、でも見えてなかったのか。




森村という題材も、このことを思わせるのに適切だったかもと思い、

本を借りた。

「踏みはずす美術史」

美術の極意だって。

1.考えるな!
2.見るな、食べろ!
3.美術は見るものではなく、着るものである
4.着こなせ!




妙に納得しました。


===========


もうすぐ、就職先の研修です。

そのため、靴を購入。

わたしにとっては、高い買い物。


そう、憧れのカンペール。


一生連れ添おうぞ。


===========


手話は、おもしろい。

イイ手話辞典がほしい。


===========


思わず、梅佳代の写真集を買ってしまった。

よかったんだよね、単純に。

はは。


===========


明日の天気は

どうかな。






ハレ、、、、、、、、、かな。
[PR]



by okan4022 | 2007-09-07 10:24 | なんやらかんやら

考えたことを言葉にしなくては。
by okan4022
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧