何気なく、考える。

カテゴリ:♪( 4 )




近藤房之助

2006年4月23日
やばい人に出会いました。

その名は、

近藤房之助。


もう50くらいのおっさんだけど、
もう、
これがまた、
実に、
ああ、
言いようもなく、
まさに、
とても、
ををおをっををををををを、


かっこいい!!!!!!!!!!!



日本でのブルースの第一人者らしい。

空気間が違う。
巷を歩く、
そこらのおやじとぜんぜん違う。
惚れるよ、マジで。

しかも、
歌がこれまたいい。
体からあふれ出る音が、
私のからだを揺らす。
心地いいってよりは、快感って感じ。
心臓が震えるよ、ほんとに。
そして、
バックにしとくにゃもったいないくらい、バンドがうまい。
GtもDrもBaもKeyも。
みんな自分の魅せ方知ってる。
そして、
バンドとしての魅せ方も。


いい音楽といいパフォーマー。


最高の夜ですわ!!!!!!!!!!



近藤房之助OFFICIAL WEBSITE
http://www.fusanosuke.net/top.html
[PR]



by okan4022 | 2006-04-28 14:29 |

ショパンという人

今日、無事東京公演が終了した「ショパンのアンサンブルを、19世紀のサロンの響きで」。


なんだか、偶然(わたしは必然だと思ってるけど)先生と出会い、
何となくこのイベントに関わった。

クラシックなんて、さらさら興味なかったし、
コンサートに行けば寝ること必須だったわたしが、このイベントになぜか関わった。

理由は、
プロのアーツマネージメントを体感したかったから。
東京公演を仕切っていたのは、
クラシックのコンサートの制作では、
日本で5本の指に入るという“トリトンアーツネットワーク(TAN)”。
たぶん、当初はほぼコレだけが理由。


でも、
だんだん関わっていくうちに、クラシック・ショパン・フォルテピアノについて考えるようになっていた。


なんで、こんなおとがなるんだろう
なんで、こういうまなーなんだろう
なんで、このきょくができたんだろう



いっぱい、なんでがうまれた。

このイベントに関わらなかったら、
クラシックの世界に興味なんてものを抱かなかっただろう。




ショパン。
きっと音楽という大きなものをとらえていた人なんだと思う。
むしろ、この時代を生きた人はみんなそうだったのかも。

細々したことなんて気にしない。
音楽が人々に多く触れ、浸みわたることを心から望んでいたのではないか。



芸術って、
心を豊かにするっていうけど、
それって、芸術だけがあってもだめだと思う。
社会もなくちゃいけない、人間もいなくちゃいけない。
決して、芸術が一人歩きを始めてはいけないんだと思う。
そういうことをショパンって、
考えてたんじゃないかな。




なーんて、
偉そうなことを考え、クラシックな世界に思いをはせてみたりして。
ははは。




あー、いい経験した!!!!!
[PR]



by okan4022 | 2006-03-15 02:22 |

歌は顔・体から聞こえなきゃ!!

昨日、Gospelを見に(あえて聞きにとはいわない)行ってきた。

大好きな亀渕友香さん、
大好きなVOJAのみなさん、
大好きな中国っ子の日本人の友、
一年ぶりの再会。


とてもいい時間を過ごした。


彼らの歌声を目の前にすると、
体が揺れ、
自然と拍をとり、
笑顔がこぼれる。


「人って、こんな風に歌が歌えるんだ」
6年間、彼らのGospelに出会うたびに、こんなことを思う。


彼らの歌は、
顔からあふれ出て、体からあふれ出る。
リズムの取り方が、わたしの心をくすぐり、
表情のひとつひとつが、わたしの涙腺をゆるませる。
そして、
亀渕さんの言葉が、
わたしの笑顔をひっぱりだす。


たまらない、この感覚。


最後の「In the Sanctuary」という曲では、
観客総立ちで、
Gospelに身を任せた。



好きだ、本当に好きだ。



亀渕さん、VOJAと出会って6年が経つ。
顔も覚えてもらえて、
「20歳になりました!」
「まぁ、そんなになって(笑)」
みたいな会話ができるくらいになった。

アタシは、
幸せもんだ。


"THANKS TO YOUR LOVE"
[PR]



by okan4022 | 2005-12-05 01:45 |

音楽のカタチ

あぁ、腹痛。
昨日は、腎臓が(たぶん腎臓が)痛かった。

昨日は、うちの学校で“ジュリアード音楽院”という
ニューヨークの学校のジャズ科の人たちのコンサートがありました。

確かに、
うまかった。

ソロとか抜群に魅せてくれたって感じで。


でも、なんか楽しくなかったな。
音楽に形があるのかなって感じてしまったから。



私の中の音楽の最高は、ゴスペル。

魂が震えるよ、ぶるぶるするのよ。
やべー、こんなすごい音楽あっていいのかーって、思える。

んで、尊敬するのは亀渕さん、VOJA☆☆☆
彼らはカラダから音楽が出てくるんです。
ばぁーーーーーって、ばぁーーーーーって!!
キラキラしてます。
キラッキラッです。

素敵なんです。とにかく。


ゴスペル聞きたいな、ゴスペル歌いたいな。

誰かゴスペルやろうぜ!!!!!




「why we sing?」歌いたい。
[PR]



by okan4022 | 2005-08-11 13:32 |

考えたことを言葉にしなくては。
by okan4022
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧