何気なく、考える。

6月9日(水)

再び、跡見女子大へ。

今日も吉野さんの授業へ参加。

本日のゲストは、NPO演劇百貨店の柏木陽さん。

以前から、お話等させていただいている方ではあるが、

彼から何か受けるということはなかったので、

場、人に応じて、

スタートからゴールへの道すじを変幻自在に変えていく感じは、

さすがだなと感じた。

発信がまだまだ出来ない彼女たちから、

いかに何かを引き出すか、

そして、少しでもでて来たものをすかさず拾いあげる。

新井英夫さんのときも、

同じように、

体をほぐすということを通して、

彼女たちから糸口がでてくる瞬間を演出しているように思えたのだけど、

柏木さんも違う方法でこれをしているのだと思う。

糸口が見つかると、

それをするすると引っ張って、

彼らは今日のための空間を彼女たちの中に創り出していく。

そして、その空間に流し込むものへと導いていく。

この時間を共有して思うことは、

わたしには流し込む何かがまだないということ。

漠然と流し込みたい何かはあっても、

まだまだそれらは不完全だということ。

だから、学びが必要。

食とアート。

これ。

これを突き詰める必要性。如実に感じてきたなあ。
[PR]



by okan4022 | 2010-06-10 06:53 | 日記

考えたことを言葉にしなくては。
by okan4022
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧